世界ふしぎ発見!「東京ディズニーリゾート誕生秘話」内容まとめ

先日放送された、テレビ番組「世界ふしぎ発見!『東京ディズニーリゾート誕生秘話』」の内容を簡単にまとめてみました。(興味持った部分のみ書いてます)


今回のミステリーハンターは松井玲奈(SKE48)
(ミッキーとのキス)

スターツアーズは今年3Dになってリニューアル、シナリオは50通り以上あるので何度でも楽しめる。

東京ディズニーリゾートの総来園者数は5億7000万人以上。

しかし、30年以上前アメリカで生まれたテーマパークが初めて日本に上陸した時、文化や気候の違いから今では想像出来ないような、さまざまな軋轢(あつれき)があった。

それを乗り越え、夢の王国が進化を続ける秘密は何か?30年前を知る証言者たちが今明かす驚きの開演秘話。
世界中の人を虜にする、夢と魔法の王国、その秘密を解き明かす東京ディズニーリゾート誕生秘話、日本&アメリカ夢の王国クロニクル。

30周年記念パレード「ハピネス・イズ・ヒア」。

テーマパークとは特定のテーマで全体が演出された施設。

従業員は「キャスト」、来園者は「ゲスト」と呼ばれる。それは「パークは巨大なステージであり従業員はそのステージ上でそれぞれの役割を演じるキャストである」ディズニーランド創立者ウォルと・ディズニーの考えから始まった。

勤めるキャストは2万人以上、最強のサービス集団。

中でも特徴的なのが基本理念のなかの「Show ショー(テーマパークのショーの一員として、自らを演出し『毎日が初演』の気持ちでゲストを迎えること」。

研修では実習を交えて体験して行く。
ディズニーが常に最高のサービスを提供し続ける秘密はこの魔法のコツを徹底することにある。

Question 1

音楽が混ざらないようエリアの境目に配置されているものとは?

正解
滝、水の音が音楽が混ざり合うのを防いでいる。
<

また、建物の通気口や、樽がスピーカーになっていて、自然にとけ込むようになっている。

アメリカと日本のスプラッシュマウンテンの違い。

アメリカは温暖な気候なので大量の水しぶきがかかるボートの設計。
日本は気候の特徴を考えて水しぶきがかからないようにボートの形状を変更した。

30年前は遊園地にお弁当を持って行く文化が根付いていた。園内の雰囲気を大切にする事から、園の外にお弁当を食べれるピクニックエリアを設けた。

その際に作られたのが「再入園スタンプ」当時どこの遊園地にも無かったシステムで画期的だった。

30十年前はゲストがパークの楽しみ方が今よりもシャイな感じだった。
キャストが「お写真撮りましょうか?」と声かけてもほとんどに断られた。
パレードも今はみんな場所を取って待ってるけど、当時はパレードが始まってから通りすがりに「ああ(やってるな)」と見る感じだった。

ポップコーンを片すカストーディアルさん「夢の欠片を集めているんです」と魔法の言葉。
夢の世界を演出する高い木々、トイレの洗面台には現実の世界を見ないように鏡が無い。

1981年東京ディズニーランド建設工事開始

東京ディズニーランドが開演した年の来園者は993万人。

1988年京葉線舞浜駅が開通。

開演5年で5000万人。

(ライバル候補地だった富士山をバッグにミッキーの気球)

東京ディズニーシーが2001年に開園。

ディズニーシーが作られるにあたってアメリカとの協議に費やした年数は約13年。当初はまるで違った計画だった。

「MGMスタジオ(フロリダにある現ディズニー・ハリウッド・スタジオ)」にしようという提案があった。

ところが日本人は映画やハリウッドに対してアメリカ人ほど興味を持っていない。
長期ビジネスが出来ないのではないかとの懸念があった。

4年に及ぶ議論の末、第2テーマパークの建設は白紙に戻った。

その後様々なプランをアメリカと構想を協議する中、新たな構想が生まれた。

日本は島国だから小さい時から海に馴染んでいることと、舞浜は昔東京湾の海だった。
そんなことからこの場所を海に戻そうということで海というコンセプトになり、ようやくたどり着いたのが今の東京ディズニーシーなのです。

東京ディズニーシーのシンボルはアメリカ(ディズニー)と日本(オリエンタルランド)でもめた。

最初アメリカは「灯台」を提案、海に冒険に粋帰ってくる港など華やかな明るいイメージを灯台に持っている。ところが日本人のイメージは違う、遊びにきているのに寂しくなるんじゃないかと懸念した。
アメリカ側が納得しないので寂しい岬の灯台に連れて行った「これが日本の灯台だよ」と見せたら「うーんそうか」ということで灯台案を変えてくれた。

そこでシーのシンボルは日本側の提案である地球儀の「アクアスフィア」に決まった。

船の形をした「S.S.コロンビア号」はまるで海に浮かぶ船のようだが、実際はパーク内の施設にある。
ディズニーのテーマパークは外の景色を見せてはいけないというコンセプトだけど、この船だけはそれを覆し逆手に取って、東京湾が背景に見え、世界観をマッチさせている。

アメリカのクリエイターの良いところと日本のクリエイターの良いところ合作が東京ディズニーシーなのです。

Question 2

東京ディズニーランドにはアメリカにはない日本では誰もが知っているお祭りのショーがある、ミッキーやミニーもそれにちなんだ衣装を着ている。ルーツは中国、そのお祭りとは?

答え;七夕

アメリカフロリダのディズニーランドより。

ニュー・ファンタジーランドは去年の12月リニューアルオープン。

ガストン登場!
「馬を持ち上げてトレーニングしているんだよ」

ベルも登場。

Last Question 3
アメリカにしかないユニークなアトラクションは?

1.ホール・オブ・プレジデンツ
2.ムーントラベル・オブ・アストロノーツ
3.ドリーム・オブ・ベースボール

正解;1.ホール・オブ・プレジデンツ

最後、アメリカディズニーランドのお土産。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です