アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画「Maleficent(マレフィセント)」

2013年8月10日アメリカ・カリフォルニアで行われたDisney D23 Expoにディズニー映画「Maleficent(マレフィセント)」で主役の魔法使い役を演じるアンジェリーナ・ジョリーが登場しました。

この映画は1959年の作品「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントの今まで語られなかった、彼女の心を固く閉ざしてしまった出来事や赤ん坊のオーロラ姫に呪いをかけることになるまでのいきさつが描かれています。

この映画はアンジェリーナ・ジョリーの娘ヴィヴィアン・ジョリー・ピットと競演することでも話題になっています。

エキスポの中で「(マレフィセント役は)いつでも私のお気に入りよ。彼女を恐れていたけど、同時にとても惹かれたわ・・・彼女は素敵で、とても冷酷。」と話すアンジェリーナ。

他にも撮影に来ている子供たちがどんなに自分の衣装を怖がっているかを語ったそうです。「私は『ディズニーのキャラクターだ』と思われていると思って『ハイ』って声をかけたの。そうしたら彼らは叫んで走って逃げたわ!一人の男の子なんてお母さんに『どうか僕に話しかけないでって魔女に伝える意味を教えて!』って尋ねたって聞いたわ」。

アメリカでは2014年7月2日3D映画で公開予定です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です